スタンドタイプの駐車場看板は価格が安いだけでなく必要に応じて設置場所を変更可能

6月 28, 2022 おすすめ記事

駐車場看板は安いスタンドタイプが利用しやすい

駐車場のオーナーは、その駐車場を盛り上げるために様々な宣言をしなければいけません。
戦前をするといってもインターネット上で宣伝をしたところでなかなか利用客がありません。
大抵の場合駐車場を利用する人の中でコインパーキングならば、わざわざ広告などを見て判断する事はないでしょう。
大抵の場合、地図などを見てそこに出てくるコインパーキングなどを選ぶはずです。
それと同時に、駅の近くのコインパーキングで検索したところ、出てくるところに駐車するかもしれません。
このような場合駐車場看板はどのような意味があるかと言えば、まず料金体系に意味があるといえます。
料金は様々ですが、料金体系が安い所の方が利用しやすいでしょう。

そのため、看板を設置するといっても駐車場看板はそれほどお金をかけなくて良いといえます。
宣伝と言う意味はあまりありませんので、そこでお金をかけるよりもどこに駐車場があるか明確にすると同時に、料金がいくらなのかを明示することが大事になります。
この場合、安いスタンドタイプのものを利用すると良いかもしれません。

スタンドタイプのメリットとデメリットを知る

駐車場看板でも、スタンドタイプの駐車場看板を利用する場合、メリットの1つは安いことです。
よく、固定された大きな看板などを設置しているケースもあるかもしれませんが、毎月お金を払わなければいけないだけでなく、初期費用も高くなります。
そして昔ほど、道路上にある看板は効果が出にくくなっています。
やはりインターネットの情報を調べる人が多いため、高齢者等を除けばあまり看板でお店を決めることや駐車場を決める事はなくなりました。

そのような意味においては、安い駐車場看板で充分といえます。
それがスタンドタイプの最大の魅力かもしれません。
もう一つは、文字の内容を自由に書き加えることができる点です。
ホワイトボード色のものやあるいは黒板色のものを利用すれば、チョークやマジックなどでその日の内容を書き込むことができます。
結果的に、オーダーメイドのようなものが出来上がり、柔軟性の高い看板ができあがるに違いありません。

まとめ

駐車場看板を設置したいと考えている場合には、安いものを設置するのが良いかもしれません。
特に駐車場看板は、宣伝と言う意味合いはそれほど多くなく、どこに駐車場があるのかそして料金はいくらなのかといった部分に焦点が当たるはずです。
そうだとすれば、高いお金をかけて固定化されたものを利用するよりも、スタンドタイプのもので充分かもしれません。
デメリットがありますので、それらを踏まえた上で利用する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。