通販の安い駐車場看板を選ぶときには送料も要チェック

6月 28, 2022 おすすめ記事

通販でも買うことができる駐車場看板

駐車場看板は、実はオーダーメイドだけでなく、既製品として通販でも購入することができます。
通販で駐車場看板が買えるのは少々驚きですが、駐車場に限らず看板を販売しているところは少なくないです。
身近にオリジナルデザインを相談できるお店がない、あるいはオーダーメイドの予算がないといった場合にも狙い目です。
デザインが完成している既製品が並んでいるので、価格が確定している点がオーダーメイドにはない安心感となります。
デザインの選択肢が限られるのは確かですし、そこはオリジナルの看板製作に譲りますが、しかしネットで買える駐車場看板も決してバリエーションが少ないわけではないです。
そもそも駐車場看板は定番ともいえるデザインがほぼ決まっていますから、余程拘らない限りは通販で事足りるといえます。
しかもデザイン料が掛からない分、駐車場看板が基本的に安く手に入るので、十分前向きに購入を検討してみる価値があると考えられます。

通販で安い駐車場看板を検討する際の注意点

通販で安い駐車場看板に興味を持ち、前向きに購入を検討する場合は、送料のチェックを忘れないことが大事です。
いくら通販が安いといっても、注文する地域によっては別途送料が発生します。
送料が基本無料だとしても、離島は送料別というケースがあるので注意が必要です。
また一定金額以上の購入で送料無料、一定サイズまでは送料無料というケースもあります。
駐車場看板が安いのはあくまでも商品単体を見た場合で、輸送に要する費用は別ということが珍しくないです。
看板は厚みがなくてもサイズが大きくなりがちですから、梱包サイズも大きくなって結果的に輸送コストが上がります。
それが送料という形になってあらわれるわけなので、送料は発生するものと考えて通販の安い駐車場看板の購入を検討するのが妥当です。
少しでも負担を抑えたいのであれば、通販の運営会社の拠点を確認して、発着地が近い通販を選ぶのが良いでしょう。
サイズを小さめにすることで送料が安くなるか確認するのもおすすめです。

まとめ

駐車場看板は通販でしかも安いものが手に入りますが、別途送料が発生することが多いので、購入を検討するなら総額が確定するまで油断禁物です。
送料は梱包サイズと距離でほぼきまりますから、小さめを選べば送料は抑えられることが多いです。
距離は送料の負担に直結するので、日本の北と南の端から端までよりも、発着地が近い方が有利です。
とはいえ、離島は送料が特別料金でしかもそれなりに高いことが多いですし、例え発着地が近くても関係なく送料が掛かる恐れがあるので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。