安い駐車場看板の耐久性や対候性も確認しておこう

6月 28, 2022 おすすめ記事

安い駐車場看板の導入時は耐久性・耐候性を気にするべき

駐車場看板をはじめ、駐車場の設備には必要最低限の費用をかけつつも出来るだけ安い方が良いという方は多いことでしょう。
せっかくの土地を有効活用する訳ですから、少ない元手で大きな利益を出したいと考えることは何も不思議ではありません。
ある程度の費用を割くのではなく、安い駐車場看板を導入しようと検討しているのであれば重視したいポイントとして挙げられるのが耐久性・耐候性です。
室内ではなく屋外に設置すること、しかも通常の商店街・住宅街とは違い駐車場は風雨を遮ってくれる屋根や他の建物の壁がないことが多い点からその理由が窺い知れることでしょう。
外に出しっぱなしの状態であるため日光や強風、雨にさらされることを鑑みると駐車場看板を設置する際にはただ安いだけを重視すべきではありません。
安い上でなおかつ耐久性・耐候性を備えた駐車場看板を導入することが、総合的な出費を削減できます。

駐車場看板の耐久性は、看板の材料の素材の種類とインクの色の持ちで決定します。
中でも重視したいのは、インクの素材と色味です。
看板材料は問題なくても、インクの色が褪せて読めなくなったというケースが非常に多いからです。

耐久性を左右するのは色味

駐車場看板の耐候性、すなわち寿命を左右するのはインクの色味であることが分かっています。
さまざまな色味がある中で、特に黄色・オレンジ色や黄土色などの黄色系が最も早い傾向にありました。
次いで少し黄色の要素が減った黄緑色、薄めのパステルカラーといった色味の順番で褪せていくと言われています。
一方で藍・紺といった濃い色、暗めのカラーは退色の度合いはゆっくりです。

ちなみに同じカラーでも、素材の違いによって若干退色のスピードが異なります。
よく看板に使用されるアルミ合板と塩ビの板では、アルミ合板の方が耐久性・耐候性が優れている傾向にあります。
材料とインクの塗料の相性もあるため一概には言い切れませんが、明るめの色の方が劣化は早いと覚えておくと良いでしょう。
濃いめのカラーで作っておけば、劣化が少なくて済むと言えます。
ただもし暖色系で看板を作りたい、会社のイメージカラーで配色したいというのであれば表面にラミネート加工を施すのも1つの手です。

まとめ

駐車場看板は遮蔽物のない、広い敷地の中に設置するため通常のお店の看板よりも風雨にさらされがちです。
そのため劣化が早く、ただ安いだけでなく耐久性・耐候性も求める必要があります。
重視すべきポイントとしては看板そのものの素材、インクの色味です。
特に暖色系の黄色、薄い色味は褪せやすい傾向があることを覚えておきましょう。
濃い色味の方が劣化しにくく、看板も長持ちしやすいです。
もし黄色やオレンジを使った看板を作りたい場合は、ラミネート加工を視野に入れるのも1つのポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。